忍者ブログ
どこに行っても誰といても、笑顔だけは忘れませんように。自分の使命があることだけは疑いませんように。ソフィストではなく、哲学者になれますように。大好きな人に躊躇なく大好きと言える自分でありますように。悲しみの涙を悔し涙に、悔し涙を嬉し涙に変えられますように。 波照間の青い空と白い雲と、まん丸の月と丸い水平線と、竹富の西桟橋と嶺本館のお庭から見た星と、25年間に出会った全ての人にありがとうを。 石垣の海と空のように、境界線を引ける、でも後悔だけは絶対しない自分に。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワインとショコラ

こんばんは、PCのスピーカーの調子が悪いりみです。
一時的に回復中。
BGMはスガシカオ←11月に初ライブ予定!!!


*****


一昨日はおばあちゃんの月命日。


今でもおばあちゃんがいないことに慣れなくて

おばあちゃんに想いは届いてる気がして

写真を見ながら話しかけてる

おばあちゃんのお通夜の日に受けた販売士3級にも無事合格

おばあちゃんが合格させてくれたとしか思えないんだけど




昨日はおじいちゃんに会いに行って、おばあちゃんに挨拶してきた。

昔の話をたくさんして
昔の写真をたくさん見せてくれて

そんなおじいちゃんがとっても切なかった。

おじいちゃんの田舎の静岡、
行ったことないし
今まで行こうという話が出たこともなかったけど

お葬式で遠い親戚に会ったり
おじいちゃんの昔話を聞くうちに急に行きたくなった。

ちあきちゃんとみつあきくんを結婚させてくれたおじいちゃんたち。

そのおじいちゃんが生まれ育った場所。

静岡に行きたいって言ったらおじいちゃんがとっても喜んでくれた。


ご飯を食べるときはなるべく人が多いほうがいいんだと最近よく思うんだ とか
たまには写真を撮ろうか とか

今までおばあちゃんのわがままに隠されていた
おじいちゃんのちっちゃなちっちゃなワガママに
涙をこらえるのが必死だった。


おじいちゃんは、おばあちゃんのことを本当に愛してたんだよ。


親戚のおばちゃまに、
おじいちゃんみたいなだんな様をもらいなさいねって言われちゃって
急にハードル上がったけど、大丈夫かな。。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
calendar

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
search

bar code

my favorite


見てみて

comments

[01/04 fumifumi]
[05/17 fumifumi]
[05/12 り。]
[05/10 りょ⇒]
[05/10 りょ⇒]
sarisari is...

HN:
り。
性別:
女性
趣味:
おはな