忍者ブログ
どこに行っても誰といても、笑顔だけは忘れませんように。自分の使命があることだけは疑いませんように。ソフィストではなく、哲学者になれますように。大好きな人に躊躇なく大好きと言える自分でありますように。悲しみの涙を悔し涙に、悔し涙を嬉し涙に変えられますように。 波照間の青い空と白い雲と、まん丸の月と丸い水平線と、竹富の西桟橋と嶺本館のお庭から見た星と、25年間に出会った全ての人にありがとうを。 石垣の海と空のように、境界線を引ける、でも後悔だけは絶対しない自分に。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

りみ的プロ論

どうにもこうにもいかなくなった

首が回らないとはまさにこのこと



しかし、あれだね。

googleマップすごいね。

昔住んでた札幌の家が建て替えられていてプチショック。

今住んでる家の洗濯物が見えてちょっとショック。

リアルタイムの映像じゃないところが救いだよね。ほんとに。


これで日本全国が見られるようになってしまったら、

思い出が思い出の中で終わらなくなってしまって

今よりしんどくなるのか

気持ちが楽になるのか

ちょっと想像がつかない。


『そろそろプロ論を確立するときなのかもしれないね』

どんなお客さんや

どんな上司と仕事をすることになっても

絶対譲れない、私のプロ論。

仕事上のプロ論。

友達関係のプロ論。

人生のプロ論。

恋愛のプロ論。



今でも、ふとあの頃の感覚が蘇ってしんどくなる。

周りを見て妙に醒めてしまう、結局同じでしょって。

本気って感覚だけがすこんと抜けていて

どうやったらその感覚を取り戻せるのかは全然わからない。

無理やり思い出すものじゃないんだろうけど

でも、無理やり思い出さなくちゃいけないような状況に自分で追い込んでしまったから。

結局やってることは一緒じゃんか。

って、また、しんどさに追い討ちをかける。




7~8月は仕事上のプロ論を考える二月だった。

がむしゃらだったけど

でもお客さんの信頼がこっちに向いていくのがすごく嬉しかった。

悔しい思いもいっぱいしたけど

でも、仕事楽しいなーって。


自分が楽しいと思う仕事をやり続けるのは

雇われの身である以上、難しいけど

楽しいと思う瞬間を増やすのは自分次第。


私が楽しいと思うのは

お客さんに信頼されてるとか

上司に信頼されてると思う瞬間だ。



永遠の下っ端。

3年目上等。


PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
search

bar code

my favorite


見てみて

comments

[01/04 fumifumi]
[05/17 fumifumi]
[05/12 り。]
[05/10 りょ⇒]
[05/10 りょ⇒]
sarisari is...

HN:
り。
性別:
女性
趣味:
おはな